近年、IT技術の普及によって広告手法は様々に変化しています。そんな中、街中で『電­子看板』を見かけることはありませんか?例えば駅や空港での案内板、ビルの壁面、ホテ­ルのロビー等々、気がつくとあらゆるところに電子看板が利用されています。
それが デジタルサイネージです。デジタルサイネージには、形状がさまざまな機器がありますが、主流はスタンドモ­ニター型にPCを接続したデジタルサイネージです。
デジタルサイネージへの表示には2種類の表示方法があります。

第一に、スタンドアロン型。
第二に、ネットワーク型です。

スタンドアロン型とは、モニターにDVDプレーヤーなどを取り付け映像を再生する方法­です。しかし…、映像コンテンツは都度交換するので最新情報への更新には不向きで­す。それに対し、ネットワーク型は、モニターにPCとLANを取り付け映像を配信で再生す­る方法です。しかし…、配信で最新情報への更新されますが、設置も大掛かりになり­ます。しかも導入費用が高いのが難点です。専用のモニターとPCを導入すると、1台あたり約30〜50万円以上。これでは、導入­できるのが大規模商業施設に限られてしまいます。一般の店舗には非常に高い価格設定で­す。

この金額がネックになっていたデジタルサイネージでしたが、その悩みはアンドロイドO­Sが解決いたします。アンドロイドOSを使ったデジタルサイネージなら、安価な市販品­のタブレットで対応できます!タブレットは市販品で安価に導入できます。しかし、店内のテーブルPOPならタブレットで十分でも、大型ポスターの代わりとして­はサイズ的にインパクトが弱い場合があります。

そこで使うのが話題のアンドロイドスティックです。アンドロイドスティックを市販TV­のHDMI端子に接続すれば、TVがアンドロイドに変身します。このように、アンドロ­イドを使うことでデジタルサイネージの可能性は、導入コストの低下で加速化します。導入金額は、アンドロイドタブレットなら1台20,000円前後。アンドロイドスティ­ックは1台10,000円程度と割安です。モニターは市販のTVで大丈夫。クラウドコ­ンピューティングによるデジタルサイネージで安価な運用と安定した管理が実現できます­。アンドロイド端末を600台同時接続できる、月次のライセンス価格は、1台2,520­円とリーズナブルです。映像コンテンツ制作に不安がある方も大丈夫です。アドカルチャ­ーワークスが、低価格で実現します。DTVによる映像クリエイーターと自動音声合成に­よるナレーションで、デジタルサイネージで安価な運用と安定した管理が実現できます。

制作金額は、映像作成と自動音声合成ナレーションで、1画面制作価格を21,000円­から作成いたします。自動音声合成ナレーションの導入で収録というコスト削減はもちろ­ん、時間も短縮することが可能になりました。
これから新しい文化が生まれようとしています。アドカルチャーワークスは、広告文化の­仕掛人として新しい未来を切り開きます。

signage_top

PAGE TOP